40歳の不都合な真実

40代。この時期は、からだにとって大きな曲がり角です。

「老ける」「老けない」は40代の筋肉で決まる。

 

40代。この時期は、からだにとって大きな曲がり角です。
残りの人生を決定づける重大な分かれ道といってもいいでしょう。

 

健康や体力が一気に下り坂へ向かうか、それとも、もっと多くの峠や山を超えて行ける力を維持できるか決まってくるのです。

 

この分かれ道をどちらに進むか。

 

それによって、今後、老けるか老けないかに大きな差が出てきます。

 

そのカギを握るのは筋肉です。

 

すなわち、40代でしっかりとした筋肉をキープしているかどうかが、明暗を左右する大きな分かれ目になるわけです。

 

40代といえば、働き盛りです。
つい仕事漬けになってしまい、体を動かす時間がなかなかとれない人もいると思います。
自分が運動不足であることくらい、人に「言われなくてもわかっている」という方も少なくないでしょう。

 

また、中には「体力には自信がある。自分はまだまだ大丈夫」とたかをくくっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、その思い込みが命取りになることがあるのです。

 

筋肉の衰えは、常日頃、自分が想像している以上に進んでいるものです。
個人差はあるものの、年齢を重ねるごとに、人間の筋力は確実に衰えていきます。

 

20代、30代であれば、あまり衰えは感じません。

 

「自分はまだ、いける」という思い込みでは通用しなくなります。
肉体の衰えという現実がだんだんリアルに迫ってくるようになります。

 

 

よく聞くのは子供の運動会。親子リレーでいいところを見せようとしたものの、足が空回りして思うようにいかず、仕舞いには転んだりなんてことありませんか。

 

あるいは、草野球でヒットを打って、果敢に2塁を狙おうと走ったが肉離れを起こしてしまった、なんてことありませんか。

 

ほかにも、「階段を上ってだけで息があがった」「ボールを投げると肩が痛むようになった」とか。肉体の衰えの現実を知ることになります。

 

40歳を超えると、いつこのような事態に陥っても不思議ではありません。

 

特に危険なのは、昔スポーツをしていて、体を動かすことにかけては自信をもっている人です。

 

「自分は、まだ大丈夫」という思い込みが強く、「理想」と「現実」のギャップが大きく開いてしまっているのを気づかず、若い頃の、よく体が動いた頃のイメージにしがみついているために痛い目に合うことがあります。

 

さて、ここでご紹介するのは、筋肉ムキムキになる方法ではありません。

 

一生使える筋肉つくりの基礎をつくります。それは、将来に備えての賢い準備です。
サルコペニアロコモーティブシンドロームにならず、まして寝たきりにならない簡単な方法です。

 

ご案内します。
まずは知りたくない現実から。 肉体はどのように衰えていくか へ。


だから、歩くのがいい中高年からの筋肉作りあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル活用事典ロボット知り始め