身体能力を向上させる。

体の「機能」を高め、身体能力を向上させる。

 

たとえば、階段を上がる動作で考えてみます。
上半身を垂直に立て、膝と股関節の運動を意識せずに上る場合には、ふとももの筋肉にばかり負担がかかってしまいます。

 

ですが、体を前傾させて膝と股関節を同時に伸ばした場合には、太ももだけでなく、
お尻の筋肉も動きに参加させることができ、より大きな力を発揮できます。

 

このように、体の角度や姿勢、関節の回し方、筋肉に力を入れるタイミングなど、
「正しい動作の手順や使い方の機能」を身につけることが、身体能力を向上させることに
つながります。

 

「効率」のよい動作 へ