「効率」のよい動作を覚える

省エネで「効率」のよい動作を覚える

 

無駄なエネルギーを使わず、最小限のエネルギーで動けるようになります。

 

具体的には、筋肉が骨に付着する部分「腱」の機能が利用できるようになります。

 

代表的な腱である「アキレス腱」の正しい使い方を体得することで「走る」「ジャンプする」「切り返す」といったさまざまな動作を、筋肉だけに頼らずに、効率よく行えるようになります。

 

 

ふたつ目は「反射」の働きを利用できるようにします。

 

代表的な反射の働きの「伸張反射」です。

 

伸張反射とは、筋肉を急激に伸ばすと反射的に筋肉を収縮させて力を発揮する作用です。

 

たとえば、ゴルフや野球のバックスウイングの動作、サッカーのシュートの蹴り足を後ろに引く動作、ジャンプするときのかがみ込む動作などです。

 

このような「腱」や「反射」などをより効果的に発揮できるようになります。

 

力の抜き方 へ