「姿勢の崩れ」が不調を招く

「姿勢の崩れ」による筋肉のアンバランスは体のさまざまな不調を招く

 

「体を動かさない現代の生活スタイル」は、筋肉の衰えのほかにもさまざまな不調を呼び込むことになります。

 

「姿勢の崩れ」です。特定の筋肉ばかりを使っていて、本来使うべき筋肉を使わないことから起こります。

 

たとえば、オフィスで長時間パソコンをしていると、座ったまま、指先だけを小まめに動かしていることになります。

 

その間、肩や腰の筋肉はずっと緊張させたままの状態です。
足は動かさずに、肩や腰などの特定の筋肉ばかりを披露させることから、姿勢を保つ筋肉のバランスが崩れてきてもおかしくありません。

 

前かがみの姿勢や猫背の姿勢を楽だと感じるという人も多いでしょう。
こういった、生活の中での「長年の身体使いのクセ」から、姿勢が崩れてきます。

 

やがて、このような「姿勢の崩れ」は、さまざまな体の不調へとつながるのです。

 

代償動作 へ