「動トレ」を始めよう

40代の肉体に必要な「本当に使える筋肉」

 

では、こうした肉体の衰えに歯止めをかけ、若さを取り戻すためには、いったい何をすればいいのか?
一番手っ取り早く、かつ効果的な解決策は筋肉を鍛えることです。

 

筋肉はどんなに年をとってからでも鍛えられます。40代から始めても決して遅くありません。
むしろ、40代の、そろそろ筋力の衰えを感じ始め、自覚し出した頃の方が向いているかもしれません。

 

筋肉は、鍛えれば鍛えた分だけ、効果がでます。
だから、衰え始めた今の方がよりその回復効果が実感できるのです。

 

ただ、やみくもに筋肉を鍛えるというやり方ではその効果も半減してしまいます。筋肉という器官は、どこをどう鍛えるかによって、どんな力を発揮できるかがさまざまに変わってきます。

 

ですから、自分がいったいどんな体の動きをスムースに行いたいのかをよく考えて、効率的に筋肉をトレーニングしていくべきなのです。

 

「使える筋肉」とは、日常生活動作やスポーツなどで、しなやかに動いて大いに力を発揮してくれる筋肉のことなのです。

 

一方、何も考えず、無計画に筋トレをしていると、せっかく筋肉量が増え、筋力もアップしたのに生活やスポーツの動作に十分活用できない、必要のない筋肉がついてしまったりして、「使えない筋肉」になってしまう可能性があるのです。

 

ここでは、トレーニング分野で注目されている「本当に使える筋肉」をつくる「動作トレーニング」(以下「動トレ」)というトレーニング法を見ていきます。

必要な筋肉を効率的に鍛えていく

「動作トレーニング」(以下「動トレ」)というトレーニング法を見ていきます。

 

「動トレ」とは、世界のトップアスリート達が取り組んでいる「スポーツ動作を意識したトレーニング」をアレンジしたものです。

 

従来のトレーニング法にはなかった「自分が行いたい「動作」を想定したうえで、「必要な筋肉を効率的に鍛えていく」という画期的なメソッドです。

 

このようなトレーニングを積むことにより、アスリートやスポーツ愛好家は、さまざまな動きの中でより良いパフォーマンスを発揮できるようになることでしょう。

 

また、一般の方々は、日々の生活をより快適にスムースに送れるような、しなやかな体の動きをモノにすることができるでしょう。

 

もちろん、40歳を超えて筋力の衰えを実感している人も「動トレ」を行い、「本当に使える筋肉」をつくることで、老化に歯止めをかけ、体の若さを取り戻すことができます。

 

とりわけ、40代以上の人は、長年の運動不足の生活習慣から、筋肉が正しい動き方を忘れている場合が少なくありません。以前は簡単に行えていた動作が行えなくなっているのです。

 

しかし、この「動トレ」で、「正しい動作」に基づいたトレーニングを行えば、休眠中の筋肉を目覚めさせ、、正しい働き方を思い出させることができるでしょう。

 

また、40代以上となれば、生活習慣をはじめ、さまざまな病気が気になってくる頃です。
「動トレ」は、体に無理な負担をかけずに習慣として続けられるトレーニングですから、健康的な肉体にリセットする効果も期待できます。

 

メタボリックシンドロームやロコモーティブ・シンドロームなど、気になる病気も恐れることなく、日々の生活を過ごすことができるようになることでしょう。

 

つまり、「動トレ」にうまく取り組むことで、年齢を重ねても軽快な日常生活を送ることができ、末永く健康でいるための「一生衰えない筋肉」が手に入るのです。

 

「動トレ」に取り組むことで、5年後、10年後、あなたの人生は確実に変わります。

 

5つの基本動作 へ