精子アレルギー

「精子アレルギー」もある

「精子アレルギー」という症例があります。

 

精液アレルギーあるいは精液血漿過敏症とも呼ばれるようですが、要は精液中のタンパク質に対してアレルギー反応を起こしてしまうというのです。

 

これは、射精される側の女性に起こるアレルギーで、性交後に膣周辺に赤みや腫れ、痛みやかゆみが伺こります。症例数は多くないものの、重いケースでは「アナフィラキシー」となり、呼吸困難などの致命的な症状が起こるのです。

 

この症状で病院へ行くと、細菌性腔炎や性感染症などと間違われる可能性もあります。

 

診断の決め手は「コッドームを使用すれば症状が起きない」という点です。

 

初めてセックスをしたときに起こる場合が多いようですが、長年のパートナーであっても突然発症するケースもあるそうです。

 

では妊娠を希望している人は、どうしたらいいのでしょうか。

 

自然妊娠ではなく、人工授精や体外受精という手段があります。精子からタンパク質を除去して、子宮内に入れることができれば、アレルギー症状を防ぐことができます。

 

また、「減感作療法」もあります。
これは薄めた精液を腔内に入れ、徐々に量を増やしていき、慣れさせるというものです。

 

アレルギー症状が起こらないよう、時間をかけて取り組まなければいけない治療法です。

 

性交後に限っていつも膣周辺にこうした症状が起こる女性は、一度婦人科で診てもらうことをお勧めします。

page top