男に検査を受けさせるには

旦那に検査を受けさせるには

プライドの高い夫に、どうしたら精液検査を促せますか?

 

難しい問題です。

 

自分の精子に何か問題があるんじゃないかと言われたら、あるいは言われるんじゃないかと不安で、受診したがらない人もいるでしょう。

 

プライドの高い男性には言葉を選ぶ必要があります。

 

「精液検査を受けてちょうだい」「あなたの精子も調べてよ!」というよりも、
「ふたりで一緒にカウンセリングに行きましょう」と言ってみてはどうでしょうか。

 

不妊治療にまず大切なのは、夫婦の二人三脚です。

 

赤ちゃんは男と女がいて初めてできるものですから、ふたりが協力し合わないとうまくいきません。

 

「不妊治療は夫婦そろって受診しないとスタートできないんですって」など、ふたりで受ける必要性を強調してみてはどうでしょうか。

 

あるいは、「先生が今後の治療について、あなたと話をしたいんだって」でもかまいません。

 

本来は、不妊症の原因の半分は男性であるということを、だんなさんにもしっかり認識してほしいのですが、これを奥さんが伝えると角が立つケースもあるでしょう。

 

奥さんから言いにくいことや伝えにくいことは、不妊治療の専門医やカウンセラーから説明することもできます。

 

夫婦二人三脚から、今度は医師を交えた三人四脚へ。不妊治療は女性ひとりが抱え込む問題ではありません。

 

夫が消極的であることもきちんと医師に伝えたほうがいいでしょう。

page top