元気な精子とは

元気な精子の基準値とは

元気な精子の基準値

量・数・濃度・運動率・形態が基本

 

精液検査では細かい数値によって、精子の元気度を知ることができます。

 

ただし、この検査はすべての男性が受けるものではありません。

 

この検査を受けることなく、存在すら知らずに一生を過ごす男性もたくさんいます。

 

赤ちゃんが欲しいのにできない、と悩む人が初めて受ける検査です。

 

WHO(世界保健機関)では、精液検査の基準値を設けています。
1回の射精による精液について、主に6項目の数値があります。

 

精液の全体量のほか、精子の数や濃度、運動率(元気に動いているかどうか)、形態(頭や尾っぽに奇形などがないか)、そして白血球数(精嚢や前立腺などに炎症が起きていないか)です。

 

精液検査の基準値(最低限の値)

精液量 1.5mL以上
精液濃度 1mL中に1500万個以上
精子運動率 40%以上
正常形態精子 4%以上
総精子数 3900万個以上
白血球数 1mL中に100万個未満

(2010WHO)

 

ざっと見てみると、意外に低くていいんだと思う人もいるでしょう。
これはあくまで「これ以下なら異常ですよ」という最低限の数値なのです。

 

たとえば、
濃度は1mL中に1500万個以上となっていますが、1億、2億と多いほうが当然受精しやすくなります。
運動率も40%となっていますが、50%、60%のほうが妊娠はしやすくなります。
これが正常というよりも、「これ以下だったら異常」なのです。

 

もっと単純に言えば、これは病気の有無をチェックできるという検査値です。

 

精子濃度が低ければ「乏精子症」、奇形精子が多ければ「奇形精子症」、精子が全くない場合は「無精子症」であることがわかります。

 

これによって治療方法が異なるため、医師にとっては重要な指標となるわけです。

 

この数値は、日によってかなり変動します。

 

射精時の体調や検査目前の射精頻度で変わるのです。

 

「検査日にたくさん出るようにためておこう」と長い間射精していなければ、精子も古くなり、運動率が悪くなったりもします。

 

精子には寿命もありますから、鮮度が落ちるのも当然です。

 

このWHOの基準値の根拠について、少しお話し見ておきます。

 

実は、この数値をクリアしていれば、「5%の人が自然妊娠できる可能性がある」ということなのです。

 

逆に言えば、この数値をクリアしていないと、「自然妊娠はかなり難しい」というもの。

 

5%と聞くと「そんなに低いの?」と思うかもしれません。
医学界における5%というのは「物事が起こりうる確率」として大きな指標になっているのです。

 

5%とは20人にひとりなので決して多くはありませんが、5%あれば「可能性がある、起こりうること」として認められるのです。

 

病院によってはこの値も異なり、精液の基準となる数値をWHOよりも高めに設定しているところも多いようです。

 

数値は不妊治療の目安になることは確かですが、神経質に一喜一憂するものではありません。


1億個の人もいれば数個の人もいる!

精子のプロフィールは非常にセンシティブ

 

男性は自分の体に無頓着でいながらも、実は繊細です。

 

精子に異常があるとわかると、ショックを受けて落ち込む人も多いでしょう。
また、その事実を知りたくないがために、不妊治療に消極的で先延ばしにしてしまう人もいます。

 

女性が受ける不妊の検査に比べれば、体への負担も少なく、時間も手間もかかりません。

 

精液を出すだけですから、女性にしてみれば「どうして協力してくれないの?」と思うでしょうね。
ただ、その結果を知ることは精神的な負担も大きく、検査を受けるハードルは相当高いのかもしれません。

 

精子の数で言えば、本当に千差万別です。

 

精子が多い人もいれば少ない人もいます。1億個以上いる人もいれば、数個しかいない人もいます。

 

この差は何か原因なのでしょうか。

 

これは男性不妊研究の中でも非常に重要なところなのに、残念ながらはっきりとした原因はわかっていません。

 

唯一ちょっとだけわかっていることは、「染色体異常」による無精子症があるということです。

 

人間には遺伝情報が詰まった染色体が46本あります。このうち44本は男女ともにあるので「常染色体」と呼ばれます。

 

常染色体以外に、「X染色体」と「Y染色体」という、性別を決定する「性染色体」があります。

 

女性には2本のX染色体があり、男性にはX染色体とY染色体が1本ずつあります。
男性が持っているY染色体の中には、「AZF(アズースパミアファクター)」という遺伝子があり、ここに精子を作る情報が入っていると言われています。

 

このAZF遺伝子には通常3つの領域(a・b・c)があるのですが、その中のaとbがない人は精子が絶対にできないことがわかっています。

 

aがない人は精子の素になる細胞がまったく存在せず、bがない人はこの細胞が成熟しないのです。
ただし、cだけが存在する場合は、精子を採れる可能性があります。

 

人工授精や体外受精で妊娠は可能ではありますが、もし男の子が出来た場合は100%遺伝して同様に男性不妊になるといわれているのです。

 

ちょっと難しくなりますが、精子を作れない原因が解明されているのは、このAZF遺伝子の欠失くらいです。
しかも、これは無精子症の中のたった5%にすぎません。
残りの95%の人は何が原因で無精子症になっているのか、まだわかっていないのです。

 

もしかしたら、男女ともに持っている常染色体の中に、精子を作るための情報があるのかもしれません。
ただこれはあくまで推測で、実際のところは何ひとつ解明されていないのです。

 

精子の数が多ければ妊娠しやすいのは事実です。
ただし、数個であっても妊娠しないわけではありません。
無精子症と診断された場合でも、最近では手術によって精巣の中から精子を見つけて採ることが可能になりました。

 

「MD‐TESE(顕微鏡下精巣精子採取術)」というもので、精細管の中を手術用の顕微鏡で観察し、精子がいそうな精細管を切り取って、精子を採り出します。その後、顕微授精や体外受精を行い、無事に妊娠した例もたくさんあります。

 

生殖補助医療の技術によって、フォローできる例も多いことを知っておきましょう。

page top