非閉塞性無精子症

非閉塞性無精子症

「非閉塞性無精子症」は精路には問題がないのに、射精した精液中に精子が見あたらないケースです。

 

通常、精巣の中には、ごく細い精細管が1000本以上あり、ここで精子がつくられています。
造精機能が低下した人では、つくられている精細管もあれば、そうでないものもあります。
精巣精子採取術(TESE)でも精子が見つかる可能性は低いのです。

 

 

「MD−TESS」(顕微鏡下精巣精子採取術)
そこで、手術用の顕微鏡を使って精子がつくられていそうな精細管を探して、
精子を見つけだすのが「MD−TESS」(顕微鏡下精巣精子採取術)です。

 

精巣精子採取術(TESE)で「精子がない」といわれた人でも、この「MD−TESS」で精細管を丁寧に見ると、40%以上で精子が見つかっています。

 

この手術法は、これまで、原因がわからない特発性造精機能障害やクラインフェルター症候群の人や、化学療法で無精子症になってしまった人たちに子供をもつ希望を与えました。

 

手術は全身麻酔で、陰嚢を切開、精巣を陰嚢から取り出して行います。
精巣の殻である白膜を切開して、その中に「太い・白濁・蛇行している」元気な精子がいそうな精細管を特定するのだ。

 

採取した精細管は、手術室内で胚培養士が精子の有無を確認します。
見つかれば、顕微授精(ICSI)のために凍結保存します。または、パートナーの採卵日に合わせてすぐ顕微授精を行うこともあります。

 

「MD−TESS」(顕微鏡下精巣精子採取術)の手術時間は30分〜2時間程度です。

 

術後の経過を確認してから帰宅できるように、入院での治療が一般的です。

 

その場合の費用は40〜50万円程度かかります。

page top