精索静脈瘤

精索静脈瘤

「精索静脈瘤」は静脈弁の機能不全のために、本来心臓に向かって流れるべき血液が逆流して精巣(睾丸)に戻ってしまうことにより、精巣の静脈に瘤(こぶ状にふくれ上がった状態)ができるというものです。

 

年配の女性のふくらはぎに青黒く浮き出た血管がこぶ状に見られるのがそれである。

 

この静脈瘤が精索にできると、精巣温度の上昇や精巣への酸化ストレスが増えてしまい、造精機能(精子をつくる機能)に問題が起こることが多いのです。

 

低位結紮術
手術には、内精索静脈を鼠径管という部位より上側で切断する「高位結紮術」と鼠径管という部位より下側で切断する「低位結紮術」とがありますが、一般には「低位結紮術」で行われています。

 

この手術は、手術用の顕微鏡を使用して行いますが、利点として再発が少ないこと、陰嚢水腫の合併が少ないこと、手術創が小さく痛みも少ないことなどが挙げられます。

page top