男性不妊症の問題

マッチョ、実は小さい?

筋肉隆々で、胸板が厚く、上半身は逆三角形のボディビルダーという人は睾丸が小さいことが多いのです。

 

それは、筋肉が増えて体が大きくなったから睾丸が小さく見えるというのではないのです。

 

実はこういう人たちの睾丸は萎縮している場合が多いのです。

 

その原因として指摘されるのが、筋肉増強剤として使われる男性ホルモンの
「テストステロン」によく似た働きを持っている「アナポリックステロイド」です。

 

簡単な流れで説明すると、
体の外から「アナポリックステロイド」を投与すれば、「テストステロン」は十分に分泌されている。
「もう分泌しなくていい」と脳が判断して、テストステロンの分泌を抑えてしまいます。

 

しかも黄体化ホルモン(LH)だけでなく、精子形成を促進させる卵胞刺激ホルモン(FSH)も低下させてしまうために、
精子形成にストップがかかり、やがて、睾丸(精巣)が萎縮していくのです。

 

ですから、こどもを望む人は要注意でしょう。

 

ちなみにアナポリックステロイドを投与した人が、精巣萎縮を回復させて性機能を取り戻すまでには、数ヶ月から1年くらいはかかるといわれています。

 

男性的な機能を弱らせたくなければ、筋肉増強剤を安易に投与するのは絶対やめるべきでしょう。

page top