戦略的仮眠の必要性

睡眠

睡眠は個人差がありますが、一日平均7時間は必要です。

 

睡眠を2時間削ると「ほろ酔い」の状態と同程度に脳の働きが落ちるという調査結果もあります。

 

仕事や勉強、スポーツなどでも、睡眠不足の状態では、とても本来の力を発揮できません。

 

また、睡眠不足になると免疫力が落ち、病気になりやすくなったり、感情をコントロールできずにイライラしたり、ホルモンのバランスが崩れて食事の量が増え、肥満になりやすくなったりと、悪影響ばかりです。

仮眠

戦略的な昼寝は常識

 

健全な生活を送るためには夜の睡眠が重要ですが、毎日、十分な睡眠時間を確保できるとは限りません。

 

ただ、上手に仮眠を取り入れ、いつでもベストな力を発揮できるように努力することは可能です。

 

欧米のビジネス界では昼寝の効果が広く認められており、戦略的に昼寝戦鸚をすることは、もはや常識となっています。

 

米航空宇宙局(NASA)は、「26分間の仮眠を取るとパイロットの能力が34%以上も向上する]との研究結果があります。

 

「10分の昼寝は、夜の睡眠1時間分に相当する」といわれるほど、仮眠の効果は絶大です。

 

ただし、日本では、まだ欧米ほど理解が広まっていませんので、特に職場などで昼休みに仮眠を取る場合、職場環境や周囲の状況などをよく考慮する必要はあります。


 

だから、歩くのがいい和食の基本知識 ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実