リラックスして入眠するためのポイント

リラックスして仮眠に入るためのポイント

リラックス入眠のポイント

 

仮眠は椅子に座ったまま取るのが基本です。

 

横になるとうっかり寝過ごしてしまったり、「睡眠慣性」の影響で仕事や勉強へ復帰するのに時間がかかったりします。

 

では、椅子に座った状態で質の高い仮眠を取るためには、どうしたらいいのでしょうか。

 

まず、椅子に座ったら、ネクタイをゆるめ、シャツのボタンを外し、呼吸がしやすい状態にします。

 

そのほか腕時計やアクセサリーなど、体を締めつけるものはできるだけ外しておくとよいでしょう。

 

座り方は自由です。とにかく楽な姿勢を取ってください。

 

ただし、眠っている間に椅子からすべり落ちたり、横に倒れたりしないよう、安定した姿勢を取りましょう。

 

また、起きたあとに体が痛くならないかどうかにも注意を払うようにしましょう。

準備が整ったら、ゆっくりと

 

目を閉じてください。そして全身の力を抜きます。

 

首まわりの筋肉や硬の筋肉、とくに額の部分に力は入っていませんか。

 

額にシワが寄っているようでしたら力んでいる証拠です。

 

もっと力を抜きましょう。

 

力を抜くための秘訣は、思いっきり全身の筋肉に力を入れたあと、一気に力を抜くことです。

 

そうすると不思議と力が抜けていきます。

 

呼吸は、腹式呼吸でも胸式呼吸でもかまいません。

 

ふだんどおりの呼吸法で結構です。

 

息を吸う時間と吐く時間の配分なども気にせず、ゆっくりと深く息を吸い、息を吐くときに体の力を抜くようにします。これを繰り返すのです。

 

このときに「気持ちが落ち着いている。気持ちが落ち着いている」と心のなかで繰り返してみてください。

 

そうやって潜在意識に直接語りかけることで、リラックス状態になり、より早く入眠できるようになります。


 

だから、歩くのがいい和食の基本知識 ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実