どこで取ればいいのか?

仮眠はどこで取ればいいのか?

どのような場所で仮眠すると良い効果が得られるのでしょうか。

 

この点も気になることでしょう。答えは簡単です。

 

あなたが一番落ち着ける場所、一番くつろげる場所で取ればいいのです。

 

そうはいっても仕事中は場所もかぎられるでしょう。

 

そこで、場所別に仮眠をするときのポイントをご紹介します。

 

オフィス
「楽な姿勢。安企な姿勢」が取れる場所でしたら、どこでもかまいません。
自分の椅子に座ってデスクに突っ伏してもいいでしょう。

 

 

カフェやマンガ喫茶
硬い椅子と柔らかい椅子があったら、クッション性の高い椅子をおすすめします。
柔らかい椅子の方がリラックス効果が望めます。
また椅子の背は高いほど体が安定します。

 

出入り口やレジ近くなど、人の行き来が多い場所では音や気配が気になって落ち付きません。
仮眠を取るときは、店の奥目のやや暗い楊所が理想的です。

 

 

電車
揺れますので、安定した場所と安定した資勢を取ることが大事になってきます。
壁や手すりに体をもたれかけ、腕は組むと上半身が女定します。

 

下半身は。両足を少しだけ開いて(女性の場合は難しいかもしれませんが)、
足の裏を床にピッタリとくっつけます。

 

 

公園
おそらくベンチに座って仮眠を取ることになると思います。
ここでも楽な姿勢、安全な姿勢を取るようにしてください。

 

公園で心配なのは安全而の問題です。
人通りの少ない場所の方が静かで落ら着いて仮眠できますが、盗難などの犯罪に巻き込まれる心配があります。
多少の物音は我慢して。ある程度、人通りのある場所で休むことをおすすめします。

 

 

自動車のなか
シートのリクライニングは、ほどはどの角度にとどめましょう。
ベッタリとしてしまうと、横になって眠るのと変わりません。
寝すぎてしまう危険が高まります。

 

車内温度にも気を配るようにしてください。とくに夏場は熱中症に注意しましょう。

 

 

トイレ
オフィスで堂々と眠ることができない方も多いでしょう。
そんな方はトイレで眠ってください。
和式だと厳しいですが、洋式の場合は便器の水洗タンクにもたれかかるように眠るといいでしょう。

 

そのときも、便座から落ちないように姿勢を固定することです。
なお、トイレは寒くなりやすいので、温度調整には気をつけてください。

 


 

だから、歩くのがいい和食の基本知識 ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実