仮眠と睡眠

座ったままリラックスしよう

無理に眠ろうとすると、気持ちが高ぶり逆効果です。

 

「眠れなくても目を閉じてリラックスしよう」と、気楽に考えてください。

 

仮眠の目的は、あくまで「仮眠後に力を発揮すること」です。

 

深い眠りにつかないことも大切なポイントです。

 

そのためにも、仮眠は座ったまま取ります。

 

リクライニングする場合も、完全に横にならないようにしましょう。

 

机に顔を伏せて寝るか、もしくは椅子にもたれて休みます。

 

腕は胸の前で組むか、机の上などに置きます。

 

足の裏はしっかり床に着けて体勢を安定させます。

 

可能であれば、少し暗い場所に移動する。

 

アイマスクや耳栓を利用するなどの工夫も効果的です。


 

だから、歩くのがいい和食の基本知識 ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実