「インターバルは短いほうかいい」は誤解

 

これまでのトレーニング理論では、インターバルは短ければ短いほど筋肉にいいと言われてきました。

 

しかし、インターバルか短いと、筋肉の代謝産物のクリアランスやエネルギー補給の時間が短いということになりますので、筋肉環境が思くなり、成艮ホルモンがたくさん分泌されるという研究データもあります。

 

最近の研究では、インターバルを長くするか、短くするかで、長期的に見た筋卜レの効果自体は変わらないということも分かってきました。

 

しかし、たしかに1I回の単発のトレーニングの場合、インターバルが短いほうが、乳酸などの代謝産物が蓄積することによって、成長ホルモンの反応か大きくはなります。