オーバーワーク。筋肉は萎縮する?

 

「筋トレをやりすぎると、筋肉か減ってしまう?」

 

この疑問もよく聞きますが、おそらくそれはウソです。

 

筋トレをしすぎて筋肉が萎縮したという研究報告はこれまでにありません。

 

よくマラソンなどの持久的トレーニングをしすぎるとタイムが落ちると言います。
たしかに走る能力に関しては、そういったことはあり得ます。

 

心肺系、血流を循環させる力など全身性の持久力は、酷使しすぎると疲労によって明らかに落ちてしまうのですが、筋肉そのものがすり減って消失するということはありません。

 

毎日筋トレしても、おそらく筋肉は小さくなりません。

 

もちろん成艮率は、十分な回復時間を取って行うほうが高まります。

 

しかし、毎日行ったとしても筋肉は着実に成長していきます。

 

競輪選手の太ももも、体操選手の方、レスリング選手の背中など競技競技自体が筋トレのような種目のアスリートを見てもわかるように、ほぼ毎日トレーニングをしていても、非常に大きな身体をしています。