大は小を兼ねる

ボディメイクの近道

 

ビギナーは、まずどこの部位から鍛えるべきか?

 

これはもう間違いありません。大きな筋肉です。大きな筋肉から鍛えましょう。

 

理由は短時間でも見た目が変わりやすいため、モチベーションのアップにつながるということです。

 

大きい筋肉ほど、成長率は同じでも変化量が大きくなります。

 

たとえば10%大きくなるにしても、大胸筋などの大きな筋肉と上腕二頭筋などの小さな筋肉とでは、

 

単純に量が違います。

 

10が1になるよりも100が110になるほうが、変化の量は大きいですよね?

 

大きくなる部分が多いということは、基礎代謝や脂肪燃焼効果も上がるということです。

 

私か最初に指導する部位は、弾性の場合、胸です。

 

たくましい胸板、やっぱり一番モチベーションが上がるところです。

 

大きくて、かつ、カッコよくなれるところを集中して鍛えましょう。

 

女性の場合、お腹やお尻から始めます。

 

1回の筋トレで全身をくまなく鍛える場合も、最初は大きな筋肉から始めて、小さな筋肉に移行していくよう、メニューを組んでいきましょう。

 

筋トレは、筋肉に限界まで負担をかけていくものです。