1日5分でOK! まずは限界までやること

1日5分でOK! まずは限界までやること

 

これまで述べてきたように、筋トレというのは1セットあたりの回数が多ければ多いほどいいというわけでも、負荷が大きければ大きいほどいいというわけでもありません。

 

誤解を恐れずに言えば、「筋トレは一日5分」、つまり至極短い時間でも効率的に行うことができるのです。

 

「一日5分」はさすがに言い過ぎだろう、と思われるかも知れません。

 

しかし、考えてみてください。

 

5分間、連続して腕立て伏せをし続けることができますか?

 

腹筋運動を5分間やり続けることができますか?

 

できる人はほとんどいないのではないかと思われます。

 

もし、仮にこれを読んでいるあなたができるとしたら、あなたはもう十分いい身体です。

 

 

強度さえ適切なら、意外と短いで筋肉の限界に到達することは可能なのです。

 

また、筋トレは有酸素運動のように、1回の所要時間が長くありません。

 

さらに、部位の異なる筋トレは、小分けにしていっても効果があります。

 

たとえば、朝起きてから腕立て伏せ、昼休みににスクワット、仕事の休憩中に背筋、家に帰ってから腹筋……と、それぞれ5分ずつ細切れに行っても1日で計20分間の筋トレを行うことになります。

 

ここでのトレーニングは、だいたい1種目Iセットを1分程度でできるものですから、インターバルをはさんでも、5分のうちに3セット行えます。

 

よく「時間がないから筋トレできない」という人がいますが、それは言い訳です。

 

大事なのは、負荷をかける心意気と限界までやり続ける意志なのです。

 

忙しくても1日5分さえあれば、ボディメイクは可能です。

 

運動しようかどうか悩んでいる5分間があればサッとやってしまいましょう。

 

まずは5分と思って取り組んで見てください。