朝でも夜でも、決まった時間にやれ!

朝でも夜でも、決まった時間にやれ!

 

筋トレはいつやるべきか?これもよく尋ねられます。

 

筋トレを行うと、成艮ホルモンが分泌されることにより、脂肪細胞が直接的に分解され、脂肪細胞から遊離脂肪酸が血液中に放出されます。

 

この脂肪酸がエネルギーとして筋肉で消費されて始めて脂肪は減っていきますが、たとえば朝に筋トレをしてそのまま会社に行ったり普段一通りの生活を送ると、同じ動きでも、脂質が消費されやすくなります。

 

つまり、朝の筋トレはボディメイクに理想的なのです。

 

血行かよくなり、身体だけでなく脳への血液の循環もよくなり、作業効率が上がったり発想やひらめきに繋がることもしばしばあります。

 

もし可能であれば、朝一番の筋トレをおススメします。

 

もちろん、朝は無理という人も多いと思います。

 

人間の体温というのは、朝起きてから夕方に向かって徐々に上昇していきます。

 

つまり、朝よりも夕方のほうが体温は高くなるのです。

 

筋肉はある程度高い温度になっているほうが。筋肉内の畔素が活性化し、よく動きます。

 

つまり筋力を発揮しやすい状態なので、トレーニングのパフォーマンスはよくなり、その分筋肉への刺激も大きくなります。

 

したがって、お昼から夕方の筋トレも効果的です。

 

では、夜はどうかというと、特に可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

 

しかし、会社勤めの方の場合、日中にまとまった時間を取ることは難しい。

 

夜、仕事帰りに筋トレするのか現実的ですよね。

 

いつ筋トレするにしても、おススメしているのは、まず「時間帯を固定すること」です。

 

ある程度、時間を決めて習慣化すれば、その時間に出せる筋力が増加することが実験から明らかになっています。

 

せっかく筋トレをするなら、なるべく短時間で高パフォーマンスを出せるよう効率性を追求しましょう。