食前、食後のどっちがいい?

やるなら食前、食後のどっちがいい?

 

筋トレは、食前にやったほうがいいのか、食後のほうかいいのか?

 

答えは「どちらでもない時」です。

 

食前、いわゆる空腹時の筋トレはおススメしません。

 

空腹を感じるということは、体内のエネルギーか不足しているということです。

 

特に、筋肉を動かすのに必要なエネルギー源である糖質が不足している状態とも言えます。

 

かってはては、そのタイミングで筋トレをすれば、脂質をエネルギー源に使えるので痩せるのではないかとよく言われていました。

 

しかし、実際のところ夫婦くじ空腹時に体内で何が起きているかというと、まず筋肉内に蓄えられている糖質から消費されていきます。

 

さらに、そもそも体内に糖質が少ない状態で筋トレをすれば、筋肉を分解し、どうにか糖質を供給して燃焼するようになります。

 

なぜ、なくなってほしくない筋肉が脂肪より先に燃焼するのでしょうか?

 

実は、脂肪を分解して糖にするのはとても時間がかかるのです。

 

筋トレのように大きな力が発揮される場合、速やかなエネルギー補給が必要です。

 

ですから、分解しやすい筋肉から糖を補綸しようとするのです。

 

筋肉はタンパク質ですが、タンパク質のほうが脂質よりも分解しやすいので、まずタンパク質を分解して糖をつくる。

 

結果として、筋トレをしているのに筋肉が分解過多になってしまう……という、本末転倒なことが起こりえるのです。

 

では食後かいいのかというと、それもあまりよくありません。

 

食後は、副交感神経が優位になり、身体はいわゆるリラックスモードになっています。

 

この時は筋力発揮が弱まるので、筋トレの効果も低くなってしまいます。

 

さらに、多くの血液が、食べたものを消化・吸収するために胃腸をはじめとした内臓に集中しています。

 

そんな時に大きな筋力を必要とする筋トレ、特に筋肉の大きい下半身の激しいトレーニングをすると、血液が筋肉に流れていきます。

 

内臓は、消化に必要な血液を筋肉に取られてしまうため、消化する動きを停止しようとします。

 

その際、消化を止める前に、まず胃や腸の内臓内の食物を外に出そうとして、結果として嘔吐してしまうことがあるのです。

 

 

以上の事からも、筋トレに最適なのは「食膳・食後どららでもない時」です。

 

副交感神経優位なリラックス状態も過ぎていつでも力が発揮できる状態で、かつ体内にエネルギーが十分に補充されている時が理想です。

 

トレーニングを行う30〜60分前に、エネルギー飲料やゼリー、おにぎりなど、軽めに何かを食べ、終了時にまたタンパク質多めの食事をとるというのか最もいいでしょう。