●モチベーションはこう保て!

 

自重筋トレのデメリットをもし挙げるとしたら、

 

「一人でモチベーションを保ち続けないといけない」

 

ということになるでしょうか。

 

スポーツジムでトレーナーの指導のもとに筋トレを行うのとは違い、あなたの負荷をコントロールするのはほかならぬいつもあなたです。

 

辛くなったがゆえに姿勢が悪くなってしまったり、途中でさぼるようでは効果が半減してしまいます。

 

そこでモチベーションを保つことが重要になります。

 

こんな方法はいかでしょうか?

●記録をつけるという方法

 

一時期「レコーディングダイエット」というのが流行りましたが、記録をつけるのはいい方法です。

 

書くのも簡単でいいです。

 

体重ぐらいで大丈夫です。あとは、食事を記録するのもいいですね。

 

細かく書こうとすると糾かく続かないので、まずは簡単に日々の記録をつけてみましょう。

 

●宣言する

 

また、周りに言言するのも大事です。

 

家族や同僚など、近しい誰かに宣言する。FACEBOOKで「やっちゃいます」とかくのもいいですね。

 

トレーニング開始時に、自分の全身写真を撮るのもオススメです。

 

−ヶ月に1回ぐらい撮影すると、体型の変化が分かるのでいいですよ。

 

始める前は直視するのかツライかもしれませんが、終わる頃には見違える身体つきになっているはずです。

 

それを目指して頑帳りましょう。

●「とりあえず1回」がモノを言う

 

それでも、やっぱり毎日ゴツゴツとトレーニングするのは億劫なものです。

 

「今日からトレーニングするぞ」と決めても、いざやろうとすると、なかなか腰が上がりません。

 

筋トレが挫折する理由の第1位は、なんといっても「面倒くさい」です。

 

ではどうしたらいいのか?

 

アドバイスは、「まず、1回だけやってみる」こと。

 

取っ掛かりとして、「―回だけでいいんだ、1回だけやるぞ」と念じてみてください。

 

たいていの人は、1回やれば何回もやってしまいます。

 

腹筋なら腹筋を、とりあえずI回やってみることが大事です。

 

どんなことでも、初めはまず「―回」なんです。

 

仕事にしろ、家事にしろ、Oから1のステップが一番高いはずですからね。

 

最初のI回をクリアすれば、あとは楽ちんだと思って、勇気を出してみてください。

 

自分の身体は、一生、自分にまとわりついてくるものです。

 

自分の身体は死ぬまで自分のものです。

 

身体が強くなることは、相対的に、負荷か軽くなる、ということでもあります。

 

筋トレをすると、心もどんどん強く、アクティブになっていきます。

 

自分をコントロールできるのは、自分だけです。

 

そう覚悟して、モチベーションを保つ工夫をしてみてください。

 

きっとこれまで続かなかったダイエットも、身体つくりも「自重筋トレ」なら必ず成功するはずです。