まずは2か月続ける

 

もともと身体を動かすのが好きな方であれば、週に1回のトレーニングは物足りないくらいかもしれません。

 

でも、これまでほとんど運動をしてこなかった方にとっては、しんどいと感じるかもしれません。

 

けれど、ツライと感じつつもトレーニングを続けていると、身体に少しずつ変化が現れてきます。

 

トレーニングの反復回数が増えることはもちろん、階段の上り下りや、身体を動かす作業が楽しくなったり、以前より長い距離を歩けるようになったりと、生活の中で感じられる変化が1つ、2つと増えてきます。

 

このようなちょっとした変化をモチベーションにして、
とにかく、是が非でも、2か月間トレーニングをしていただきたいと思います。

 

まず最初のIか月で、筋肉の神経系が刺激され、これまで使われていなかった筋肉の細胞が目覚めて、活性化し始めます。

 

多くの筋細胞が同時に活動することができるようになったので、1か月目で筋力は向上します。

 

そして、さらに1か月続けると、身体つきが変わってきます。

 

身体がしまった、身体にメリハリがでてきたなど、鏡に映した自分の姿にどこかしら変化が見られたら、それまで感じていたトレーニングのツラさなど、一瞬にして吹き飛んでしまうはずです。

 

ここまでくれば、もうこっちのもの。身体に現れた変化をモチベーションにし、2か月継続できたことを自信にして、その先のトレーニングもきっと続けられるはずです。

 

さらにトレーニングを続けていると「風邪をひいてトレーニングができなかった」、「旅行に出かけトレーニングができなかった」といったこともでてくると思いますが、ブランクはさほど気にすることはありません。

 

2011年の研究によると、6週間トレーニングをして3週間休むというプログラムと、休みなくコンスタントにトレーニングを行うというプログラムとをそれぞれ15週問行い比較したところ、筋肉の大きさ、筋力の成長具合は同じという、驚くべき結果がでたのです。

 

つまり、やむなく3週間トレーニングを休んでしまっても、再開することで、ブランクは埋められるというわけです。

 

ただし、3週間休むプログラムの結果が継続プログラムの結果を超えることはないと考えられます。

 

一度休むとペースが崩れてしまう恐れもあるので、出来れば継続して行うことをオススメします。