ケガをしにくい運動=自重筋トレ

 

健康を維持する上で適度な運動は必須です。

 

しかし、スポーツから遠ざかり、体力に自信が持てなくなった状態では、いざ運動をしようと思っても躊躇してしまう方も多いはずです。

 

運動といっても何をしたらいいかわからない。

 

身体を動かす習慣がないのに、急に運動など始めたらケガをしてしまいます。

 

そんな懸念が運動からますます足を遠ざけてしまい、ついには「運動していないこと」が運動できない理由となってしまうわけです。

 

確かに、長い間あまり身体を動かしてこなかった人が、思い立っていきなりジョギングを始めたりすると、足首やひざ、股関節を痛めたりして、運動を中断しなければいけない状況に陥ってしまいます。

 

しかし、自重筋トレであれば、ケガをする心配はほとんどありません。

 

なぜなら、自重筋トレは「関節を動かせる適切な範囲で筋肉に適切な負荷をかける行為」だからです。

 

言い換えると、人体にとって無理な動きは何もないのです。

 

筋トレにはハードなイメージがあり、そのイメージからケガをしやすいと思われる方もいるようですが、それはまったくの誤解です。

 

運動中のケガというのは、そのほとんどが不規則な動き、不慮の動きによって起こるものです。

 

しかし、関節可動域の範囲内で筋肉を使う筋トレは極めて規則的であり、ケガをしにくい運動なのです。

 

ましてや自重筋トレであれば負荷が過度にかかることがないため、なおのことケガをしにくいのです。

 

手軽にできる運動として最近ストレッチが流行っていますが、ケガをする危険性は、筋トレよりもストレッチの方がはるかに高いです。

 

反動を強くかけたり、人に押してもらったりなどして、過度な力が加わり筋を痛めてしまったという話はよく闘きます。

 

しかも、ストレッチの場合は、どんなにやっても身体自体の見栄えは変わりません。

 

柔軟性が高くなれば可動域が広がり、日常生活における動きもそれなりによくなりますが、ボディラインが美しく変化するということはなく、その分モチベーションが持ちづらいように思います。

 

一方、筋トレの場合は、続けていくうちに、身体がシェイプされていきます。

 

スタイルがよくなったり、立ち姿がきれいになったり、颯爽と歩けるようになったりと、ビジュアル的な変化が現れ、それがモチベーションにつながります。

 

筋トレをすることは、自分の関節可動域の範囲内でしっかりと大きく筋肉を動かすということなので、ストレッチ効果もあり柔軟性の維持・向上にもつながります。

 

また、筋肉を動かすと血流がよくなり、それにより痛みの原因となる痛み物質が流されていくため、肩こりや首のこり、腰痛といった身体の痛みも改善されていきます。

 

さらに、筋力がついてくると、バランスを崩した際に踏ん張れるようになるなど、日常生活の中でケガをしにくくなるメリットもあるのです。